S__5734546.jpg

"TEFL International Tokyoでの学びを通じて、英語教授法の基礎はもちろん、英語講師として大切な心構えや生徒との向き合い方について先生方と真剣に考えることができました。私は全くの未経験なため、受講前は授業の進め方や目標とするべき講師像なども不明でした。しかし、豊富な経験をもって優しく楽しく指導してくださった先生方のおかげで、自分なりの目標を見出し、講師として働くための基盤がしっかりと身についたと感じます。


毎日の授業は楽しくてあっという間でした!授業中は先生が生徒と対話をしながら、わかりやすいように色々なエピソードを交えて解説してくれます。一方的に授業を聞いているだけのような退屈さは全くありませんし、質問があればいつでも気軽に聞くことができる雰囲気のため、安心してモチベーションを高く保ったまま受講することができました。また実習の機会には、先生が様子を観察して評価してくれるため、良くできている点や改善点について丁寧なフィードバックを受けられます。


私は英検準一級を取得していますが、同等の資格を持っていながら授業についていけるか不安で受講を躊躇している方がいれば、挑戦してみることをお勧めします!素晴らしい先生や受講生との出会いが、きっと難しい課題も乗り越える励みになるでしょう。"

本当にありがとうございました!

Hikaru Yasuma, 安摩輝     (日本)
2022 4月卒業生

 

Kohei Suga.jpg

"英語教授法TESOL認定(TEFL)コースを東京で受けることができ非常に良い経験となりました。私はもともと理学療法士で最近アメリカの大学院で臨床博士号とアメリカの理学療法士免許を取得しました。その経験を生かして、理学療法士を含む主に医療従事者の方に英語を教える機会があり、今回はある程度教えるための方法論と認定が取れれば良いなという動機で最初は受講しました。しかし、今回の英語教授法TESOL認定(TEFL)コースは良い意味で期待を裏切ってくれました。単なる方法論だけではなく、言語を教えるための方法論の変遷や生徒さんの持っている能力を最大限に引き出すための詳しい文法の知識といったことまで深く学ぶことができました。そして、グループクラス2回、1対1のレッスンを合計8回受け持て、学んだ内容を実際の生徒さんに教える経験も豊富に得ることができました。よって、単に英語の英語を教えるための認定を取ったと言うだけではなく、自分自身の英語力の向上および伝え方の技術向上にも非常に役に立ちました。非常に質の高いベテランの先生方が東京のコースでは教鞭をとってくれますので、英語を教える機会がある方には本当にオススメのコースです!"

Kohei Suga, 須賀康平     (日本)
2020 9月卒業生

Physical Therapist, Doctor of PT

 

“デイブコーチ”とラリー(ローレンス)は最高に素晴らしいインストラクターで私たちが必要としている時に予想以上に助け、支えてくれます。1か月のクラスはあっという間でしたが、影響力のある先生になるためのノウハウを数か月ぎっしりと学んだように感じました。


教育学説、文法や音声等を含めた内容、そしてこの4月のクラスでは評価できない程の素晴らしい実習の経験も英会話学校、保育園、そして女子大学で得られました。この経験は本当に強烈で緊張しましたが、とても楽しかったです。最高にお勧めです。"

Connery Cepeda, カペダ コネリー     (米国)
2017 4月卒業生

 

”私がこの資格を取ろうと思ったのは世界中(特にアジア諸国)を旅行しながら英語を教えられると思ったからです。そしてこのコースを東京で受講しようと決めたのは私の人生の中で最高の決断でした。コース終了後すぐに東南アジアで英語を教えるオファーが何件かあったのです!なので、もしあなたが教えることが好きで旅行をしたいのなら、この方法は最敵です!


コース中は沢山の事を学びますが、一番素晴らしい点は実際に子どもたちに教えたり、マンツーマンのレッスンや大学での英語の授業を行い練習ができることです。私は本当にたくさんの事をラリー(ローレンス)とデイブから学び、会話の中でも専門用語をすでに使い始めました。学校はスタッフもとても素敵です。


環境も良く近くの(水元)公園は歩いてすぐの距離です。コンビニも近くにあり便利でリーズナブルな価格のラーメン屋、お好み焼き屋、とんかつ屋さんもあります。そしてなんといっても美味しいパン屋さんは甘いもの好きにも大満足。私は学校の近くのラリー(ローレンス)の家にホームステイをしました。とても快適で家族が暖かく迎えてくれ家にいるようでした。たくさんの学びと、笑い、そして素晴らしい思い出を作る準備は出来ましたか?”

Natasha Puente, プエンタ ナターシャ     (メキシコ)
2017 1月卒業生

 

180508164053-5af15485b83fd.jpg

”私は大手企業でオランダを中心に仕事をさせて頂いておりましたが、体調を崩し退職中のリハビリでプールに通っていたところでラリー(ローレンス)と出会いました。彼は私の状況を理解し同調し、英語力を生かして教える仕事をしたらどうかと提案してくれました。初めは業種も全く異り、日本人の自分がネイティブと一緒に研修を受け、英語を教える事は考えられなかったのですが、今後事を考え思い切ってこのコースを受けることにしました。


ラリー(ローレンス)とデイブはユーモアがあり、英語でのレッスンも楽しく時間が過ぎるのが早かったです。日本人はネイティブより文法の基礎があるのでこの分野は簡単でしたが教授法や音声、実習と予想外に多くを学ばせてもらいました。


アメリカ人とメキシコ人のクラスメイトとはとても気が合い、日本の文化を教えたり、一緒に食事に出たりと良い交流も持てました。現在は体調も良くなり、自分のフィールドに戻ると同時にラリー(ローレンス)の英語学校で中学生を教えており、素晴らしい経験をさせて頂いてます。将来は自分の学校を持ちたいと夢は膨らみます。"

Shinya Kojima, 小嶋真也     (日本)
2017 1月卒業生